『星間飛行』/ランカ・リー=中島愛

マクロスを知らなくても曲名ぐらいは見覚えがあるであろうこの『星間飛行』。ご存知無いのですか!?言うて僕もマクロス未履修なのであのシーンしか知らないんですけどね。

10年ぐらい前は「かわいくてキャッチーな曲だなぁ」程度の認識だったのだが、今になると「うわぁ贅沢な曲だなぁ」以外の感想が全く出てこなくなってしまった。

キラッ☆
身体ごと透き通り 絵のように漂う uh uh
けし粒の生命でも 私たち瞬いてる
魂に銀河雪崩れてく

星間飛行』/ランカ・リー中島愛

これは当時からかなり衝撃的かつ引っ掛かりを覚える歌詞だった。アイドルの曲で「芥子粒」とか「雪崩れてく」なんて単語は普通出てこないはずだ。今になってもその違和感が消えることはない。

マクロスは宇宙を舞台にした作品なんだから多分「星屑」とか「流れてく」の方がマッチしてるんじゃないのか。でもあの歌詞が持つ違和感のお陰でついつい耳を傾けてしまう。

 

流れるベルっぽい音が荘厳で神秘的な雰囲気を漂わせているのにメロディはどこまで突き詰めても良質なポップソングだ。終盤になると一定間隔で鳴るバイオリンの音がクライマックス感増し増しですごく良い。

それに肝心の「キラッ☆」が全然あざとくない。アニメの挿入歌なんだからもっとオーバーに「キラァッ☆☆⤴⤴」ぐらいやってもいいだろうに語尾の音程の上げ方がすごく控えめだ。そこら辺のバランスがシリーズのもつこだわりなのかもしれないけど僕は知る由もない。

 

とにかく、こんないい曲誰が作ってるんだよ?と思って調べると

作詞:松本隆*1 作曲:菅野よう子*2

ああ、そう…(納得)

贅沢だ…贅沢すぎる…そりゃ、そりゃこの二人が合わさったらいい曲できますよ…水面から銀河まで網羅してしまう壮大さ。これは間違いなく銀河一のアイドルの曲だ。

…ん?ってことはこの「キラッ☆」は60代手前のおっさんから出てきたものってことなのか?…すげぇわやっぱ。感服です。

 

 

*1:元はっぴぃえんどドラムであり作詞界のレジェンド。『硝子の少年』や『赤いスイートピー』など作詞。

*2:アニメ音楽界のレジェンド。『カウボーイビバップ』や『攻殻機動隊SAC』のBGMなど担当。