『Digital Rain』/西島尊大

聴くたびに「この人って何者なんだ?」という感情が浮かびあがり検索するがいまいち核心にたどり着けない人物、それが西島尊大。
…そもそも検索して得られる情報以上のことなんて無いのかもしれないが。

そしてそんな彼を知ったきっかけがこの『Digital Rain』

 

雨をテーマにしている曲だというのに聴いていて楽しい気分になる楽曲だ。
僕は一瞬で聴き惚れた。すさまじく良い曲じゃないか。丁寧に作られたテクノジャズでどのフレーズも非常に洗練されすぎている。

盛り上げ方と曲全体のテンションが絶妙で、近代的なテクノではあるがサブカル臭さは感じない。ベテランアーティストが丁寧にテクノを作ったお陰でかゆいところに手が届いてる、みたいな気持ちになる。

 

「いいなこの人。」そう思っていた最中、実のところ西島尊大はボーカロイド曲をメインに製作していると知った時はあまりの衝撃にぶっ飛んだ。だってこの曲、テクノではあるけど全然ボカロっぽさはないんだもん。
単にインストだからそう思わされるのかもしれない。でもそれを差し引いてもボカロ…?ここから?マジで?

 

なら…とそちらも聞いてみると、これまたぶっ飛んだ。『Digital Rain』とは打って変わってめちゃくちゃにユニークかつ高度なことをサラリとやってのけているじゃないか。曲調も様々でそのどれもがカッコいい上にやっぱりボカロっぽくない。

具体的にはジャスとかオーケストラ音楽の様相を呈しているのだ。『1009転調』とかユニークさの真骨頂で、マジで何者なんだと検索するがやっぱり核心にはたどり着けない。動画サイトの再生回数は1~2万いってりゃいいほうで、動画概要欄にはなんも書いてないのだ。
この人は本当に生きてるのか…?そもそもなんでボーカロイドを…?怖い怖い!!実は大物アーティストが片手間にやってるプロジェクトじゃないだろうな!?ウェブサイト ホーム | ravenworksアー写は信じないからな!!

 

 

謎は尽きない。しかしこのミステリー性……僕は完全に西島尊大の虜になったのだ。というか、彼が何者かどうしても気になってしまうのは明らかに『Digital Rain』から知ってしまったせいだ。完全に入り方間違えた。